ルーファスに酔わされて

rwposes.blog.fc2.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

花のブランドン2  

アラフォーとばかり思ってた花のブランドンは、アラサーですた。
勝手にオッサン化してた。…て事は。そなた何歳から活動しとる。

いや待てよ。ルーファスくんが「タルサ」を書いたのはいつだ?
2006年前後か。でも曲の背景はそれ以前ってことも在りうる。
ん~。なんというか、想像つかない… 付き合ってたなんて。
いやいや、ちょい待ち!「付き合ってた」とは言ってないス!

一夜だけかも知れないし♥(≧∀≦)ウキャ

ルーファスくんは歌う。「キミの顔 マーロン・ブランドを思わせる」
ブランドン・フラワーズは… マーロン・ブランドに似てる?
ま、カタカナで書くと似てるね! こんなことに喜んでるワタスw



ルーファスくんとの出会いがあまり衝撃的だったので、その後はパッとせず「一聴き惚れ」には出会わなかったし、願わくば出会いたくなかった。でも、あれに似た感覚は今後、絶対ないと言いきれないし、実際あった。その名をよく知っていたものの、これまで近づけなかった不思議さも相まってか、最近はずっとキラーズばかり聴いてる。

いつも言ってしまうけど「声と歌い方が合致した」完全に自分好みのボーカル。無理のない音階。一緒に歌いたくなるよな、ご機嫌なアレンジ。ひととおり聴き終えると、どういう訳か再生ボタンをまた押したくなる。そうなると気になり出すのがソングライターの存在で、めったに見ないクレジットなんか見ちゃったりして。合作が多い。そしてすべての楽曲に「花」が咲いてる。ブランドン・フラワーズよ…あんたって人は。天才説ここにもあり、か。

キラーズは何作発表しているか知らず、とりあえずジャケットの美しい「デイ&エイジ」を購入。シングルヒットした「ヒューマン」と他の2曲以外、さほど印象に残らなかった。そのあと買った「ダイレクト・ヒッツ」と銘打ったベストアルバムが、ぶっ飛んでてカッコイイ。それもそうだ。ベストなんだから。

では、普通のアルバムの中では、どれが良くて悪いか。それは単純に決定づけられない。2曲以上あれば優劣をつけたくなる感情は生まれる。よく「捨て曲」などと形容されるが、ど~しよ~もない音源をわざわざ録音するはずがなく、それらはあくまで聴く側の「捨てたい曲」だ。しかも聴く人により、まったく異なる。キラーズは聴けば聴くほどその良さが染みてくる、いわばスルメみたいな音だ。途中で投げ出した「デイ&エイジ」も含め、未知の音に期待するところではある。


ビジュアルはど~でもいいが、このビデオは真剣に見てしまった。
The Killers - Read My Mind


ガチャピンw

2016/01/18 花のブランドン2
関連記事
2015/11/22 花のブランドン
2015/12/10 ジャンルが分からない♪
スポンサーサイト

category: 未分類

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2016/01/19 10:02 | edit

前歯

ガチャピンの歯磨きシーンがツボです(笑)

URL | からたち #-
2016/01/19 11:30 | edit

2016/01/19 10:02

鍵コメント様 ありがとうございます
気に入らないので削除しました。
逆ギレする人を無視できなくて、あのような叫びになりました。
コメント欄を開けてなかった管理者がいけないのですよ。ごめんね。

URL | 鍵コメ様へ #-
2016/01/19 23:25 | edit

Re: 前歯

からたち様 フフフ わたすも、そこがツボです(笑)

URL | ジャン #-
2016/01/19 23:26 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。